株とFXとバイナリーどれが良い?

株とFXとバイナリーどれが良い?

ネット上で宣伝されている投資手法としてポピュラーなものは、株式・FX・バイナリ―です。ネット上で取引ができ、業者によってはスマホで取引できることも多いため利便性が高いです。しかし、それぞれ一長一短があるため、どれがいいと一概には言えません。準備できる資金量にも差がありますし、投資できる期間にも差があるでしょう。

しかし、個人投資家がプロの投資家に対するアドバンテージは時間です。プロの投資家が決算期に追い回されているのに対し、個人投資家は気長な投資が可能です。そしてこのような長期的投資をすることで、自分でも知らないうちに資産が膨れ上がっていくのです。

つまり結論は簡単です。個人投資家にとって一番向いているのは株式投資です。長期的視点で株式投資をすることで、資産形成が可能です。また、電力株などに代表される高配当株は将来悠々自適な生活をするために必要な資産になるでしょう。このような優良銘柄を値段が安い時期を狙って買っていくことが一番の資産形成です。

しかし、FXやバイナリ―オプションが無駄だというわけではありません。株式投資をするには地道に新聞等で情報収集をする必要があります。その過程で得た知識はFX取引をする上でも役に立ちます。特に海外株式を買う際は、証券会社に外貨の預け金を持っている必要があります。FX業者によっては取引を決済せずに外貨の現物を引き出すことができる場合があります。低手数料の外貨調達手段としてFX取引は魅力があります。

また、最近は通貨間の利率差に注目したFX取引も盛んです。外貨定期預金でも金利は高くありませんが、FXを利用することで高金利預金を自分で作り出すことができます。長期的な取引になるためレバレッジを上げることは危険ですが、10倍程度であればある程度長期間取引を継続していても心配はいらないでしょう。

FX取引を始めてする人は、バイナリ―オプションで為替レートの変動を学ぶことをお勧めします。最初から訳の分からない取引をすることは危険だからです。

copyright(C)株とFXとバイナリーな物語